楽しい高校時代の友達からの年賀状はやっぱり一味違った!

高校時代の男の友人とは普段は会ったりしませんが、たまに連絡を取ったり、毎年年賀状のやりとりは欠かさず続けていました。
その友人とは気が合って高校時代はいつでも一緒にいました。
明るい性格の彼はいつも周りを明るい雰囲気にし、面白いことや盛り上がることを率先してやってくれるような気さくな人でした。
友達も多く、クラスや学校、他校の人ともすぐに仲良くなるようなとてもフランクな人です。

そんな彼から届く年賀状は、いつもは普通の年賀状です。
干支が書いてあるものや手書きのメッセージが書かれたものなど、至って普通のものでした。
しかし、今年は違いました。
送られてきた年賀状一枚一枚を見ていたら彼から届いた年賀状が目に入りました。

裏返してみると、なんと彼の顔のドアップ写真で、おでこに小さく犬と書かれていました。
あまりのインパクトと衝撃に最初は言葉が出ませんでしたが、一緒に見ていた家族が笑い出したのにつられて大笑いしてしまいました。
新年早々笑うことができて、彼には本当にありがとうと言いたいのですが、彼は今は遠くに行ってしまって会えないので、いつか会えるときが来たら、いつも笑わせてくれてありがとうと直接伝えたいです。