従妹宛の年賀状で嬉しかったエピソード

今はLINEなどで年始の挨拶ができるので、年賀状はあまり出していないのですが、昔はよく年賀状を出していました。
私は当時、パソコンでの年賀状作成がいまいちよくわからなかったので、年賀状をすべて手書きで書いていました。

また、今考えると当時の私頑張ったな~!と思うことなのですが、
イラストを描くことも好きだったので、一枚一枚違うイラストを描いていました。

特に凝ったイラストを描いていたのが、大好きな従妹に宛てた年賀状です。
従妹は遠いところに住んでいたのでなかなか会えず、年賀状で繋がっていたと言っても過言ではないくらいでした。
毎年毎年凝ったイラストを描いて従妹に出していた年賀状。相手はイラストについてはそこまで関心をもっているとは思っていませんでした。

しかし、後日親戚の人から、従妹について、「あなたが描いたイラストの年賀状を全部、大切そうに机の中にしまっているのよ」と伝えられたとき、とても嬉しかったことを覚えております。
今は従妹ともLINEで繋がっているのもあり、また年末年始は忙しいのもあり年賀状を出していません。しかし、その嬉しかったエピソードを思い出し、従妹にまたイラスト付きの年賀状を書いてみようかな、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です